スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)

 鳩山政権の最高権力者と目される民主党の小沢幹事長は23日、東京地検の事情聴取を受けた。

 過去に検察の追及を受けた国会議員はほとんどが逮捕や略式起訴されるなどして政治生命を失っており、政界の実力者がポストにとどまったまま、検察と全面対立するのは極めて異例の事態だ。

 田中角栄・元首相は、米ロッキード社側から首相在任中に5億円のわいろを受け取ったとして1976年7月、東京地検特捜部に外国為替管理法違反容疑で逮捕された。田中氏は74年12月まで首相を務め、逮捕は首相の座を降りてから約1年半後のことだった。

 金丸信・元自民党副総裁は92年8月、東京佐川急便関係者から金丸氏への5億円の資金提供が明るみに出たことを受け、記者会見で事実関係を認めたうえで副総裁を辞任した。直後の9月、東京佐川側から年間150万円の制限枠を超える5億円の献金を受け取ったとして、罰金20万円の略式起訴処分を受けた。金丸氏は野党などから強い批判を受け、同年10月、議員辞職を余儀なくされた。

 一方、東京地検も金丸氏を聴取せず、金丸氏からの上申書などに基づいて略式起訴に踏み切ったことで世論の反発を招き、再捜査に着手。93年3月には脱税容疑で金丸氏を逮捕した。

 中村喜四郎・元建設相は94年3月、検察から逮捕許諾請求が出たことを踏まえ、自民党を離党している。

 小沢氏が幹事長職を続投したまま検察と対決する姿勢を崩していないのは、過去のケースからみても極めて異常な状態といえる。今回の事情聴取を受け、党内からも「一種、異様だ。このままでは小沢氏と心中する羽目になりかねない」といった批判が出始めた。

<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
足利事件 許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)
<訃報>高橋進さん82歳=元目白大学長、元筑波大副学長(毎日新聞)
爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

造船工場で労災事故、1人死亡…昨年1月にも(読売新聞)

 25日午後10時53分頃、大分市西ノ洲の南日本造船大分工場で、同社の下請け会社「ミナミテックス」社員九鬼浩一さん(34)(大分市加納)が、鉄板切断用の機械(高さ約1・6メートル、幅約5・5メートル、奥行き約2メートル)に巻き込まれ、胸などを挟まれた。

 九鬼さんは同市内の病院に搬送されたが、約9時間後の26日朝に死亡した。

 大分中央署の発表によると、事故当時、現場には九鬼さんを含め作業員6人がいた。九鬼さんは切断した後の鉄板に番号を付ける作業をしていたという。

 同社の大在工場(大分市青崎)では昨年1月、建造中の船にかけた鋼鉄製タラップが落下し、作業員2人が死亡、24人が重軽傷を負う事故が発生。大分県警が同年12月、当時の副工場長兼グループリーダー男性ら2人を業務上過失致傷容疑で大分地検に書類送検した。

 また、死傷事故後も労災事故が相次いだことから、大分労働局は「安全管理に問題がある」として、労働安全衛生法に基づき、安全管理策を毎月報告させる指導対象企業に指定していた。

 同社は「会社を挙げて安全管理に努めてきただけに今回の事故は大変残念だ」とコメントした。

新型ワクチン在庫、37都道府県で654万回分(読売新聞)
ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)
全精社協会長、起訴内容認める=補助金不正受給で初公判-大阪地裁(時事通信)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)

清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)

 ◆報知新聞社主催 ユニバーサル杯第36期女流名人位戦5番勝負第1局(24日、山梨・山中湖村ホテルマウント富士) 将棋の清水市代女流名人(女流王位、女流王将、41)に里見香奈倉敷藤花(17)が挑戦する5番勝負第1局が行われ、里見が初登場とは思えない冷静な指し回しを見せ、97手で先勝した。第2局は31日、千葉・野田市の関根名人記念館で行われる。

 敗れた清水は、さばさばとした表情だった。後手だったものの、序盤から前へ前へと駒を進め、積極的に指していた。しかし、途中で歩切れとなり苦しい展開になった。「序盤は主導権を握ってまずまずだったのですが、途中で金の使い方が…。誤算もあったし。ちょっと大差になりました」。88手目で1分将棋となり、ますます窮地に。粘り強いベテランが、97手目で力尽きた。

 通算11期目を狙う今期は、「1期目狙い」というフレッシュな気持ちで臨んでいる。10代の挑戦者・里見を相手に、新しい将棋を模索するチャンスにもしている。果てることない研究心と向上心。「次は先手と分かっているので、作戦を練り直していきたいですね」。1敗を喫したものの、数字上には表れない手応えをつかんだようだ。

 【関連記事】
里見が先勝!…女流名人位戦五番勝負第1局
まるで母娘旅行!24日から真剣5番勝負…女流名人位戦
清水女流名人、若い棋風に触れ新しい自分出す…女流名人位戦5番勝負
里見倉敷藤花、目標のタイトル初挑戦 落ち着き楽しく…女流名人位戦5番勝負

在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
ひったくり容疑で少年ら3人逮捕 デジカメや携帯はリサイクルショップに転売(産経新聞)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める-大阪高裁(時事通信)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)

胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏側が、東京地検特捜部の参考人聴取に応じる方向で検討を始めたことが、関係者の話で分かった。

 小沢氏は聴取に応じていなかったが、「説明すべきだ」との声が高まってきたことから聴取に応じる方向に転じた。

 一方、特捜部は19日、他の地検から応援検事を集め、捜査態勢を拡充。中堅ゼネコン「宮本組」(兵庫県姫路市)と「山崎建設」(東京都中央区)を捜索した。

 両社は、2004年10月に大手ゼネコン「鹿島」の共同企業体(JV)が受注した国土交通省発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の堤体盛立工事を、「水谷建設」(三重県桑名市)などと共に下請け受注。水谷建設の元幹部らは特捜部に対し、同時期に小沢氏側に現金5000万円を提供したと供述している。

 同月には陸山会が東京都世田谷区の土地を購入し、土地代金に充てられた4億円の収入などが同会の政治資金収支報告書に記載されていなかった。特捜部は水谷建設の資金が土地代金に充てられた4億円に含まれていた可能性が高いと見ており、宮本組や山崎建設など他のゼネコンからの資金提供がなかったかどうかも調べる。

 胆沢ダムについては、小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされる。特捜部は今月5日から、鹿島や、05年に同ダムの関連工事をJVで受注した「大成建設」などの担当者から事情聴取を始め、13日には鹿島本社なども捜索した。関係者によると、水谷建設の元幹部らは05年4月にも5000万円を小沢氏側に提供したと供述している。

 西松建設から陸山会などへの違法献金事件の公判で検察側は、小沢事務所が大手ゼネコンなどに下請け企業群を使って多額の献金をするよう要求していたと主張している。

<雑記帳>マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
「殴られ殺害されていた」と容疑者供述 神戸の女性死体遺棄(産経新聞)
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定-北海道警(時事通信)

<3カ月予報>2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表(毎日新聞)

 気象庁は25日、2~4月の3カ月予報を発表した。太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象の影響で、全国的に春の訪れは早く、暖かい春になる見込み。降水量は東日本日本海側で平年より少なめとなるほかは平年並みか多めで、北日本日本海側の降雪量は平年並みと予想している。

 《2月》北日本では平年同様、日本海側は曇りや雪または雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い。東日本日本海側は平年に比べ曇りや雪または雨の日が少なく、東日本太平洋側と西日本は平年に比べ曇りや雨または雪の日が多い。沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《3月》天気は数日の周期で変わる。北日本日本海側は平年に比べ曇りや雨または雪の日が多い。東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《4月》天気は数日の周期で変わる。

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析
大雪:新潟県内で1日に100センチ

郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走-千葉・市川(時事通信)
交番の警官が現金抜き取り=落とし物の財布から-神奈川県警(時事通信)
人気上々! ご当地B級グルメ「おつけだんご」がコンビニデビュー(産経新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
<訃報>木原実さん93歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)

八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)

 大寒の20日、八ッ場ダム水没予定地にある群馬県長野原町の川原湯温泉で、恒例の「湯かけ祭り」が行われた。

 約400年前、温泉が突然出なくなり、住民が祈願したところ、再びわき出したのが始まりとされる。

 氷点下4度の冷え込みの中、午前5時から神事を営んだ後、ふんどし姿の若衆たち約60人が紅白に分かれ、「お湯わいた」から転じた「お祝いだあ」とのかけ声とともに勢いよく湯を浴びせ合った。

 ダム建設中止問題への注目から、報道陣や観光客が例年以上に多く詰めかけ、湯しぶきを浴びながら祭りの熱気を見守った。

ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)
皇太子ご夫妻、震災15周年式典にご出席(産経新聞)
<センター試験>インフルで欠席 初日は全国426人(毎日新聞)
フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
衆院代表質問における主なやりとり 鳩山首相、元秘書起訴「決着した」(産経新聞)

父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任-福岡(時事通信)

 父親=当時(57)=に暴行を加え死なせたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭和幸被告(30)の裁判員裁判で、福岡地裁(鈴木浩美裁判長)は22日、懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。4日間の審理の2日目、女性裁判員が解任された。この日の証人尋問では、争点となった凶器をめぐって遺体の傷の写真が法廷のモニターに映されており、これが影響した可能性がある。
 裁判員経験者によると、解任について裁判長らから説明はなかったという。記者会見した女性の一人は「ある程度の覚悟はして臨んだが(写真が)視界に入った瞬間は見られなかった。見なくてはならないものと言い聞かせて見た」と話した。
 同地裁は「裁判事項であり、プライバシーもあるので解任理由は明らかにできない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7~8年
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす

日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
DPC病院の経営改善事例などを解説(医療介護CBニュース)
違法コピーのウィンドウズ販売=中国籍IT会社員を逮捕-北海道警(時事通信)
2日ぶり国会、問いかけに答えず=小沢氏(時事通信)
<雑記帳>「嫁入り舟」の花嫁と花婿を公募 千葉・浦安(毎日新聞)

衆院予算委 天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)

 衆院予算委員会は21日、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、09年度第2次補正予算案の基本的質疑を行った。平野博文官房長官は昨年12月の天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見に関連し、外国要人との会見など天皇陛下の公的行為について、「政府の統一見解を示す」と表明した。谷垣禎一氏(自民)の質問に答えた。

 谷垣氏は「天皇陛下が政治的にまきこまれることがないよう、ルールが必要ではないか」と指摘。平野氏は「今までも考え方はあるが、統一見解を出せということであれば出す」と語った。

 これに関連し、平野氏は同日午後の記者会見で、「公的行為は非常に多岐にわたる。統一的に回答が出せるかどうか、政府として検討したい」と述べ、見解の内容は今後検討する考えを示した。

 10年度予算成立後すぐに新たな補正予算を編成する可能性について、菅直人副総理兼財務相は「頭の中にかけらもない」と明確に否定した。下地幹郎氏(国民新)の質問に答えた。

 首相の偽装献金問題や民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る疑惑では、自民党は首相の実母や小沢氏らの参考人招致に加え、「政治とカネ」の集中審議を求めた。【野原大輔】

職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察(時事通信)
「大久保秘書に報告」=虚偽記載、石川議員が供述(時事通信)
「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花(産経新聞)
石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で(産経新聞)
プロフィール

なかがわひでひこ

Author:なかがわひでひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。